林床におけるCO2放出フラックスの変動特性に関する研究

林床におけるCO2放出フラックスの変動特性に関する研究

レコードナンバー772511論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名溝口 康子
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ8巻・ 1号, p.1-50(2009-03)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (17937KB) 
抄録森林のCO2放出の大きな割合を占める林床面CO2放出フラックスの測定精度を高めるため、多点観測に用いる簡易型CO2センサ出力値の補正法および、長期連続観測のための測定システムの開発を行った。開発された手法を用い、落葉広葉樹林内で林床面CO2放出フラックスの観測を行った。その結果、林床面CO2放出フラックスの温度依存性は、年間を通して一定ではなく、季節により大きく変化することがわかった。また、土壌水分との関係を定量的に評価するためには、CO2の拡散プロセスと発生プロセスを別々に取り扱うことが有効であることが示された。林床からの炭素放出量は、特に夏季の温度変化や水分条件の変化によって大きく左右され、対象とする森林の夜間の純生態系交換量の5割を超えることから、夏季の気象条件の変化は他の季節の気候変動よりも、森林全体の炭素収支にも大きく影響を与えることがわかった。
索引語季節;林床;林床面CO2放出フラックス;森林;観測;一定;夜間;CO2放出フラックス;変動特性;研究
引用文献数133
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat