樹体の内部形態をもとにしたハンノキの株年齢の判読とハンモック形成過程の推定

樹体の内部形態をもとにしたハンノキの株年齢の判読とハンモック形成過程の推定

レコードナンバー772536論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
著者名石川 幸男
矢部 和夫
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ59巻・ 1号, p.83-89(2009-03)ISSN00215007
全文表示PDFファイル (612KB) 
抄録北海道東部、釧路湿原に侵入定着しているハンノキの年齢調査を行った。従来、本種は萌芽性を示すことから、地上部の幹の齢が個体の年齢とは一致しないことが多いと考えられていた。しかしながら、採取した稚樹の基部につくられた株の断面の材構造を観察した結果、幹と根の材組織の違いをもとに種子の発芽位置を知ることができ、その位置での年輪数を計測することによって個体としての年齢を知る方法を確立した。この方法で推定した年齢と発芽地点から、ハンノキの成長とともにその根元に形成されるハンモックの高さも上昇することが明らかとなった。
索引語ハンノキ;年齢;推定;幹;個体;方法;稚樹;材構造;材組織;発芽位置
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat