光・温度条件および開花リードの発生時期がオドントグロッサム類の開花に及ぼす影響

光・温度条件および開花リードの発生時期がオドントグロッサム類の開花に及ぼす影響

レコードナンバー772552論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20031778NACSIS書誌IDAA12201118
著者名藤木 俊也
堀内 浩明
三宅 ひろみ
長谷川 茂人
書誌名山梨県総合農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Yamanashi Prefectural Agricultural Technology Center
別誌名総農セ研報
Bulletin of the Yamanashi Prefectural Agritechnology Center
発行元山梨県総合農業技術センター
巻号,ページ3号, p.9-14(2009-03)ISSN18817726
全文表示PDFファイル (455KB) 
抄録オドントグロッサム類について、高標高地での安定開花を目的とし、光条件や秋冬期の加温温度、開花リードの確保時期などの栽培管理条件が開花に及ぼす影響を調査した。(1)開花株率は、光環境改善区の15℃加温で高く80%以上となった。加温温度に関係なく慣行区(弱光下)では未開花株の発生が多かった。(2)開花前年の11月から開花当年4月までに発生するリードを開花リードにすると開花株率が高かった。6月から10月に発生したリードは芽欠きし、その後に発生するリードを開花リードとすることで開花株率が向上した。(3)光管理、秋冬期の加温温度、開花リードの制御を組み合わせた実証試験の結果から、オドントグロッサム類は、光管理を慣行栽培より明るい条件で行い、秋冬期の加温温度を15℃とし、開花リードを開花前年の11月から開花当年の4月に確保することで開花株率が95〜100%と向上し、安定して開花することが明らかとなった。
索引語開花リード;秋冬期;加温温度;開花株率;オドントグロッサム類;リード;開花;影響;向上;光管理
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat