北陸・東北地方におけるオオムギ雲形病菌のレース分布および変遷とその同定に関する提案

北陸・東北地方におけるオオムギ雲形病菌のレース分布および変遷とその同定に関する提案

レコードナンバー772811論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名竹内 一成
福山 利範
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ61巻・ 2号, p.149-157(2009-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (654KB) 
抄録北陸および東北地域のオオムギ雲形病菌の病原性変異を調査し、過去(1950年代、1990年代)の報告との比較によりその変遷について調べた。2007年春に北陸・東北地方の22圃場から45菌株を採集し、従来のレース同定に用いられてきた10判別品種への接種試験により、新規の13レースを含む15レースを同定した。調査地域では、以前よりも病原性の強いレースが優占しており、病原性変異の多様化の進んでいることが示された。また、これまで高度抵抗性を示してきたTennessee WinterおよびAtlas 46の罹病化傾向が明らかになった。こうしたレース変遷により、北陸・東北地域における抵抗性遺伝子源の探索や系統選抜には、これまでのJ-4aの他にJ-6あるいはJ-10を使うことを提案した。つぎに、国際的に使われている16判別品種を加えた26品種における接種試験の反応パターンおよび各品種の真性抵抗性遺伝子型に基づいて主成分分析を行い、判別品種の構成について検討した。26品種は6群に分類され、従来の10判別品種とは異なる特徴を示す3群から追加すべき判別品種候補として、Osiris、Jet、Nigrinudum、およびC.I.4368を選定した。さらに、抵抗性程度の判定方法についても議論した。
索引語北陸;変遷;東北地方;オオムギ雲形病菌;提案;同定;東北地域;病原性変異;10判別品種;接種試験
引用文献数29
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat