ベイズ統計を用いた種の期待影響割合による確率論的生態リスク評価法の開発

ベイズ統計を用いた種の期待影響割合による確率論的生態リスク評価法の開発

レコードナンバー772952論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名林 岳彦
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ22巻・ 3号, p.204-211(2009-05)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (553KB) 
抄録本稿では、種の期待影響割合のベイズ統計を用いた算出手法を示した。本手法では、ベイズ法に基づく統計モデルを用いマルコフ連鎖モンテカルロ法により環境中濃度分布と種の感受性分布のパラメータ推定を行い、それらのパラメータの事後分布からモンテカルロシミュレーションにより種の期待影響割合の中央値および信頼区間の算出を行った。また、本手法では生物分類群間での化学物質に対する感受性の違いを考慮したモデルを用い、生態毒性データに含まれる分類群ごとの種数の偏りを補正した種の感受性分布の推定手法を示した。本手法は従来の種の期待影響割合の算出法に存在した主要な問題点を解決するものであり、異なる化学物質の定量的生態リスク比較やリスクトレードオフ解析における今後の研究に大きく寄与するものである。
索引語種;期待影響割合;本手法;ベイズ統計;感受性分布;化学物質;モデル;確率論的生態リスク評価法;開発;算出
引用文献数23
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat