栃木県における牛ウイルス性下痢ウイルスの分子系統樹を利用した疫学解析

栃木県における牛ウイルス性下痢ウイルスの分子系統樹を利用した疫学解析

レコードナンバー773009論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名岩根 浄子
深井 克彦
田島 和彦
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ62巻・ 5号, p.371-375(2009-05)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (369KB) 
抄録1989〜2007年に栃木県で分離された牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)63株は、E2遺伝子327bpにおける分子系統樹解析により、21株が1a型、27株が1b型、11株が1c型、4株が2a型に分類された。また、BVDVが分離された牛の飼養農家が利用していた公共牧場に着目したE2遺伝子663bpにおける分子系統樹では、99.0〜100%の高い相同性で利用公共牧場別に分類された。このことから、公共牧場が県内におけるBVDVの主要な感染経路の一つであったことが示唆された。本県において実施している放牧予定牛を対象としたBVDV検査は、持続感染牛が公共牧場に放牧されることを阻止し、主要な感染経路を遮断するきわめて有効なBVDVのまん延防止対策であることが確認された。
索引語BVDV;公共牧場;分子系統樹;利用;栃木県;牛ウイルス性下痢ウイルス;分離;分類;感染経路;相同性
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat