鹿児島湾における海底堆積ごみの分布と実態

鹿児島湾における海底堆積ごみの分布と実態

レコードナンバー773047論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名藤枝 繁
大富 潤
東 政能
幅野 明正
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ75巻・ 1号, p.19-27(2009-01)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (631KB) 
抄録鹿児島湾における海底堆積ごみの実態を明らかにすることを目的に、2003年5月から2005年10月までの間、簡易型トロールネットを使用して同湾内8定点にて総曳網回数118回、総曳網面積8.6(-1)km2の採集調査を行った。54,388個、76.9kgの海底堆積物を採集し、そのうち人工物である海底堆積ごみの割合は個数3.7%、重量43.4%であり、平均採集密度は2,517個/km2、30.3kg/km2であった。海底堆積ごみは湾全域から採集され、特に湾奥部、湾中央部で密度が高く、フィルム状プラスチックが最多で全体の49.0%を占めた。その分布は陸上植物の葉の分布と正の相関が認められた。
索引語海底堆積ごみ;分布;鹿児島湾;実態;採集;密度;正の相関;簡易型トロールネット;使用;同湾内8定点
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat