リアルタイムPCRを用いたアユ冷水病魚におけるFlavobacterium psychrophilumの定量性の検討

リアルタイムPCRを用いたアユ冷水病魚におけるFlavobacterium psychrophilumの定量性の検討

レコードナンバー773067論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名大原 健一
景山 哲史
桑田 知宣
海野 徹也
古澤 修一
吉浦 康寿
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ75巻・ 2号, p.258-260(2009-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (251KB) 
抄録冷水病菌のPPIC遺伝子をターゲットとし、アユのβ-actin遺伝子を内在性コントロール遺伝子に、リアルタイムPCR(R-PCR)による、冷水病発症アユ体内における冷水病菌の検出法の特異性と定量性について検討した。10冷水病菌株および9同属近縁菌株についてR-PCRを行った結果、冷水病菌のみから目的の増幅産物が得られた。培養法で10(4)CFU/g以上の生菌数が得られた発病アユの脾臓についてR-PCRを行った結果、35検体のうち、33検体で増幅産物が得られた。33検体の相対量と、培養法で得られた生菌数の回帰式はy=1.054x+20.93、R(2)値は0.916となり、有意な相関が認められた。
索引語冷水病菌;R-PCR;リアルタイムPCR;定量性;検討;Flavobacterium psychrophilum;結果;増幅産物;培養法;生菌数
引用文献数11
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat