大豆品種「サチユタカ」の機械化体系に対応した栽培技術(2)

大豆品種「サチユタカ」の機械化体系に対応した栽培技術(2)

レコードナンバー773176論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016115NACSIS書誌IDAN00243553
論文副題汚損粒の発生低減のための収穫時期及び収穫時刻
著者名鳥居 俊夫
桑原 恵利
池尻 明彦
岡本 賢一
中司 祐典
書誌名山口県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Yamaguchi Agricultural Experiment Station
別誌名Bull. Yamagushi Agric. Expt. Stn
山口農試研報
発行元山口県農業試験場
巻号,ページ57号, p.34-42(2009-03)ISSN03889327
全文表示PDFファイル (603KB) 
抄録農業試験場本場内ほ場において、大豆「サチユタカ」を用いて成熟期後日数別、時刻別にコンバイン収穫試験を行い、汚損粒発生と大気湿度及び作物体水分との関係を明らかにするとともに、コンバイン収穫に適した収穫期間及び収穫時間帯の目安を検討した。1.収穫開始時期を成熟期後7日頃とすることで、汚損粒の発生割合が30%以下(検査等級3等相当以上)となり、色浅未熟粒の減少により外観品質が向上する。2.収穫終了時期を成熟期後25日頃とすることで、しわ粒及び変質粒(腐敗粒)の増加による外観品質の低下及び裂莢による損失を抑制できる。3.汚損粒発生の日変化は、収穫日にかかわらず大気湿度及び莢水分の影響を受ける。収穫の開始時刻の目安は、莢水分が20%以下となる時刻であり、収穫初期では午後から、成熟期後14日頃以降では10〜11時からである。4.莢に結露する日には、朝露が消えた後も莢水分が高い状態が2時間程度続き、汚損粒発生割合が高くなるため、その時間帯が過ぎてから収穫を開始する。5.収穫の終了時刻は、大気湿度が上昇し莢水分が戻り始める16時頃を目安とする。6.莢先熟の傾向が強く、茎水分が低下しにくい年でも、莢水分に留意して収穫することで汚損粒の発生割合が低減できる。
索引語成熟期;収穫;莢水分;大気湿度;サチユタカ;汚損粒;収穫時期;収穫時刻;汚損粒発生;目安
引用文献数14
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat