動脈硬化症を予防する食品成分の生理機能の解明

動脈硬化症を予防する食品成分の生理機能の解明

レコードナンバー773190論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名池田 郁男
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ62巻・ 3号, p.99-105(2009-06)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (588KB) 
抄録動脈硬化症を予防すると考えられる食品成分の生理作用とその作用機構をおもに実験動物を用いて明らかにした。植物ステロールの飽和物である植物スタノールが植物ステロールよりも強くコレステロール吸収を阻害し、効果的な血清コレステロール濃度低下作用を発揮することを示した。さらに、植物ステロールおよびスタノールのコレステロール吸収阻害作用の機構を明らかにした。緑茶カテキンの生理作用に関する研究では、血清コレステロール濃度低下作用と食後高トリアシルグリセロール血症抑制作用の機構を明らかにした。EPAおよびDHAの生理作用に関する研究では、EPAとDHAの脂質代謝への影響の違いや、それらのトリアシルグリセロールでの結合位置の違いによる脂質代謝への影響の違いを明らかにし、また、おもにDHAを多く含む魚油の食後高トリアシルグリセロール血症抑制作用の一機構を提示した。これらの研究は機能性食品の開発や利用に重要な科学的根拠を与えた。
索引語機構;生理作用;研究;DHA;違い;動脈硬化症;予防;食品成分;植物ステロール;血清コレステロール濃度低下作用
引用文献数37
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat