栃木県におけるブルータングウイルスの流行と検出遺伝子の分子系統樹解析

栃木県におけるブルータングウイルスの流行と検出遺伝子の分子系統樹解析

レコードナンバー773249論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名岩根 浄子
深井 克彦
田島 和彦
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ62巻・ 6号, p.451-456(2009-06)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (443KB) 
抄録2005年、栃木県でブルータングウイルス(BTV)が流行した。牛の抗体調査の結果、1994年の県内初の流行確認以降最も早く広範囲な流行であった。2001年、2003年、2005年の県内流行BTVにおける血清型特異中和抗原VP2をコードするRNA分節2、内殻コア蛋白VP3をコードするRNA分節3および非構造蛋白質NS3/NS3AをコードするRNA分節10の分子系統樹解析を実施した。その結果、RNA分節3および10の解析から、国内株はアジア・オーストラリア株の一部に近縁で、独立した固有のグループを形成することが判明した。いっぽう、RNA分節2の解析から少なくとも2001年以降の県内流行は血清型21によるものと確認された。以上から、元来近隣諸国から侵入したBTVの一部が国内に定着し流行を繰り返している可能性が示唆された。
索引語解析;流行;コード;栃木県;ブルータングウイルス;分子系統樹解析;一部;独立;確認;侵入したBTV
引用文献数19
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat