京都市京北地域におけるナラ類集団枯損による林分構造の変化

京都市京北地域におけるナラ類集団枯損による林分構造の変化

レコードナンバー773273論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名伊東 宏樹
五十嵐 哲也
衣浦 晴生
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ91巻・ 1号, p.15-20(2009-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録京都市北部の京北地域の広葉樹二次林においてナラ類集団枯損被害により林分構造がどのように変化したのかを調査した。毎木調査の結果、胸高断面積合計でもっとも優占していたのはソヨゴで、以下、イヌブナ・ミズナラ・コシアブラ・タムシバの順だった。ミズナラは半数を超える個体が枯死していたが、その枯損木を含めると、ミズナラの胸高断面積合計がもっとも多くなり、ナラ類集団枯損発生以前にはミズナラがもっとも優占していたことが推定された。個体位置が枯損被害発生源に近いほど、また個体サイズが大きいほどミズナラの死亡率が高かった。ミズナラの枯損により発生したギャップで更新し、今後少なくとも短期的には林冠層で優占することが期待された樹種は、タムシバ・コシアブラ・イヌブナだった。マルバマンサク・ソヨゴも中層から下層で優占度が高まる可能性のあることが予想された。
索引語ミズナラ;優占;林分構造;変化;ソヨゴ;コシアブラ;タムシバ;胸高断面積合計;イヌブナ;毎木調査
引用文献数30
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat