1水年を通して日蒸発散量を算出する短期水収支法

1水年を通して日蒸発散量を算出する短期水収支法

レコードナンバー773280論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名稲葉 誠博
近藤 観慈
沼本 晋也
林 拙郎
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ91巻・ 2号, p.63-70(2009-04)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (710KB) 
抄録1水年を通して日蒸発散量を算出する短期水収支法を提案し、三重大学大学院附帯施設演習林ぬたの谷流域における日蒸発散量を算出した。提案した短期水収支法は、流況曲線の95日目から365日目の範囲に等間隔に設定した複数の規準流出量、出水日数を2日以上、水収支期間を10日以上100日以内とする条件からなる。本解析法を適用した結果、1水年を通して日蒸発散量が算出された。本解析法の設定条件を変えて算出される同一水年における年蒸発散量の較差は5.2%以下であった。本解析法の設定条件は流況に応じて調整することが可能である。
索引語日蒸発散量;1水年;算出;短期水収支法;本解析法;提案;設定条件;三重大学大学院附帯施設演習林ぬた;谷流域;算出した
引用文献数11
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat