野生きのこ人工栽培技術の確立

野生きのこ人工栽培技術の確立

レコードナンバー773292論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20037564NACSIS書誌IDAA12417230
論文副題ムラサキシメジ人工栽培試験
著者名古川 成治
青砥 裕輝
書誌名福島県林業研究センター研究報告 = Bulletin of the Fukushima Prefectural Forestry Research Centre
別誌名福島林研研報
Bull. Fukushima Pref. Forestry Res. Ctr.
発行元福島県林業研究センター
巻号,ページ41号, p.27-33(2009-04)ISSN13471406
全文表示PDFファイル (578KB) 
抄録福島県で採集したムラサキシメジを用いて、菌株選抜試験、菌床埋込適地、菌床埋込時期、1マウンドあたりの菌床埋込個数、継続発生方法について検討した。菌株選抜試験では、福島県優良保有菌株Ln-1603に比べて発生個数で優良なLn-1803株、1個あたりの重量で優良なLn-1804株が見つかった。菌床埋込適地の検討では、埋込時期に関係なく、スギ林<アカマツ林<広葉樹林となり、広葉樹林が発生量のバラツキが少なく適していた。菌床埋込時期に関しては、年によりバラツキがあるが遅くとも7月下旬までには埋め込むのが良いと思われた。1マウンドあたりの菌床埋込個数は、2kg程度の培地で2個で十分であった。継続発生方法では、2年目の発生量が少なく被覆の効果は不明のままであり、今後検討する必要がある。
索引語菌床;検討;個数;菌株選抜試験;適地;1マウンドあたり;継続発生方法;発生量;バラツキ;広葉樹林
引用文献数2
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat