水田高度利用に対応した水稲の晩植適応性に関する研究

水田高度利用に対応した水稲の晩植適応性に関する研究

レコードナンバー775001論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012290NACSIS書誌IDAN10395398
著者名斎木 透
高橋 周寿
武田 昭七
斎藤 満保
書誌名宮城県古川農業試験場研究報告 = Bulletin of the Miyagi Prefectural Furukawa Agricultural Experiment Station
別誌名Bull. Miyagi Furukawa Agric. Exp. Stn.
宮城古川農試報
発行元宮城県古川農業試験場
巻号,ページ1号, p.1-9(1991-03)ISSN09172904
全文表示PDFファイル (419KB) 
抄録宮城県北部平坦地域における稲及び麦の機械化一貫輸作体系を確立するため、表作の水稲の晩植適応性について試験した。東北地方に栽培されている早生品種を用いて、晩植栽培における出穂性及び収量性について比較検討し、有望品種としてササミノリ、レイメイ、アキヒカリ及びフジミノりを選定し、各々の晩植限界を明らかにした。
索引語晩植適応性;水田高度利用;対応;水稲;研究;宮城県;平坦地;稲;麦;機械化
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat