飼料畑における夏作飼料作物ミレット類の収量性並びに飼料価値について(第1報)

飼料畑における夏作飼料作物ミレット類の収量性並びに飼料価値について(第1報)

レコードナンバー775151論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017747NACSIS書誌IDAA1140179X
著者名土屋 いづみ
元籐 映了
書誌名石川県畜産総合センター研究報告 = Bulletin of the Ishikawa Pref Livestock Research Center
別誌名Bulletin of the Ishikawa Prefectural. Livestock Research Center
Bull. Ishikawa List. Rese. Center
石川畜総セ研報
発行元石川県畜産総合センター
巻号,ページ34号, p.24-27(2000-10)ISSN1347913X
全文表示PDFファイル (297KB) 
抄録飼料畑において夏作飼料作物としてミレット類を栽培し、本県における適応性を収量性並びに飼料価値から検討した。1)生育特性について、ジャーマンミレットとイタリアンミレットの発芽と生育が不良であった。グリーンミレットとアオバミレットは発芽と初期生育は非常に良好であったが、生育期の雨不足による旱魃で生育不良となった。しかし、パールミレットと夏イタリアンは非常に生育良好であった。また、夏イタリアンは未出穂で、再生については夏イタリアンの早刈りのみで認められた。2)草丈伸長のパターンは品種間で差が見られた。3)収量性について、グリーンミレット、アオバミレット、パールミレット、夏イタリアンの生草収量(kg/a)は各々約234、312、419、511で、TDN収量(kg/a)は各々約31、33、34、35であった。4)飼料成分について、ジャーマンミレットとイタリアンミレットは生育不良であったため、他の品種と異なる傾向を示した。ジャーマンミレットとイタリアンミレット以外は、ASHが11〜14%、リグニンが3〜6%と高く、TDNが50%前後と低かった。ミネラルは他のイネ科牧草に比べて含量が高く、特にPが高い傾向にあった。
索引語夏イタリアン;ジャーマンミレット;飼料畑;収量性並び;飼料価値;第1報;イタリアンミレット;発芽;グリーンミレット;アオバミレット
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat