実験池におけるオオクチバスの釣られやすさに見られる個体差

実験池におけるオオクチバスの釣られやすさに見られる個体差

レコードナンバー780006論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名片野 修
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ75巻・ 3号, p.425-431(2009-05)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (467KB) 
抄録オオクチバスの釣られやすさに見られる個体差について実験池で調べた。1日おきに10回調査したところ、1回に釣られるバスの数は日ごとに減少した。個々のバスが実験期間を通して釣られた回数には0〜8回と大きな差があり、同じ個体が1日に2回釣られることも3例認められた。釣られた記録から、65尾のオオクチバスのうち34尾は、用心深い個体(8尾)、学習する個体(10尾)、釣られやすい個体(16尾)に分けられた。オオクチバスでは、釣られる危険に対する学習と用心深さや釣られやすさの個体差の両方が認められる。
索引語オオクチバス;個体;やすさ;個体差;バス;実験池;実験期間;差;数;用心
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat