栃木県育成ビール醸造用二条オオムギ品種の家系分析

栃木県育成ビール醸造用二条オオムギ品種の家系分析

レコードナンバー780113論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名五月女 敏範
大関 美香
小林 俊一
吉田 智彦
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ78巻・ 3号, p.344-355(2009-07)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (811KB) 
抄録栃木県農業試験場で育成したビール醸造用二条オオムギ品種について、家系分析を行った。育成品種と祖先品種および主要品種との近縁係数を計算した結果、育成品種とはるな二条の近縁係数が最も高く(平均0.457)、次いで育成品種とミサトゴールデン(同0.442)、育成品種とゴールデンメロン(同0.396)であった。育成品種について総あたりで近縁係数を計算した結果、お互いの近縁係数は0.115〜0.856まで広く分布した。この近縁係数を用いてクラスター分析を行った結果、遺伝的多様性は育成当初からあまり広がっていないと推察された。農業特性の結果からも育成品種と近縁係数の高いはるな二条は醸造適性だけでなく収量や成熟期にも影響を与えていることが明らかとなった。育成品種と病害抵抗性母本との近縁係数では、0.125〜0.008と極めて低いことが判明した。今後、育成品種の遺伝的背景が狭くなる危険性を回避し、遺伝的背景を拡大するためには、新たな遺伝資源の探索・導入を図るとともに家系図や近縁係数を考慮しながら育種計画を立てることにより、多様性を維持した効率的な育種が進められるものと考えられる。
索引語育成品種;近縁係数;結果;家系分析;育成;計算;はるな二条;遺伝的背景;お互い;成熟期
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat