食中毒細菌の穀類加工品での生残とカテキン類の効果

食中毒細菌の穀類加工品での生残とカテキン類の効果

レコードナンバー780151論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名右井 淳子
近藤 和雄
澤田 拓士
工藤 由起子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ50巻・ 3号, p.126-130(2009-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (396KB) 
抄録穀類加工品中の食中毒細菌の生残について検討した。Salmonella EnteritidisとStaphylococcus aureusは穀類フレーク中で3週間以上生残した。S. Enteritidisは穀類フレーク中で7または14日保存後に10(2)CFU/g以下に減少したが、生残した菌は牛乳中で急速に増殖し25時間後には10(9)CFU/gに至った。また、カテキン溶液に浸漬後の穀物フレークでは、S. EnteritidisおよびS. aureusの菌数の減少が認められた。さらに、カテキンの穀類調理品への添加によってS. Enteritidis、S. aureusおよびBacillus cereusの生残または増殖が抑制された。以上のように、本研究ではS. Enteritidis、 S. aureusおよびB. cereusは穀類加工中で長期に生残が可能であり、カテキンがそれら食中毒細菌の生残と増殖を抑制することが明らかになった。
索引語生残;食中毒細菌;Enteritidis;カテキン;増殖;穀類フレーク中;抑制;Salmonella Enteritidis;生残した菌;CFU/g
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat