瀬戸内海中央部のアマモ・ガラモ混生藻場における魚類相の季節変化

瀬戸内海中央部のアマモ・ガラモ混生藻場における魚類相の季節変化

レコードナンバー780209論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名上村 泰洋
小路 淳
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ57巻・ 2号, p.233-241(2009-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (680KB) 
抄録瀬戸内海中央部のアマモ・ガラモ混生藻場において魚類相を周年調査した。地曳き網により10m四方のエリア4箇所で毎月採集した結果、42種以上3,363個体の魚類を得た。個体数ではシロメバル(45%)、ヒメハゼ(17%)、ハオコゼ(16%)、重量ではハオコゼ(42%)、シロメバル(23%)、ウマヅラハギ(6.7%)の順に多かった。出現魚類の100m2あたり種数、個体密度、湿重量の最大値はそれぞれ6月(11.5種)、4月(196.5個体)、6月(441.0g)に、最小値はすべて2月(3.3種、7.8個体、19.0g)に観測された。生活史のなかで藻場との関わりが深い時期に基づいて、優占種は春期に藻場で成長するタイプI(ガラモ依存型:シロメバル)、夏期に藻場で成長するタイプII(アマモ依存型:ヒメハゼ、クサフグ、シロギス)、および1歳以上の個体が周年出現するが藻場を仔稚魚の成長のための主要な場として利用しないタイプIII(ハオコゼ)に分類された。アマモ・ガラモ混生藻場では、春〜夏期(アマモ繁茂期)に加えて冬〜春期(ガラモ繁茂期)にも魚類の個体密度と種数が増加した。
索引語ガラモ混生藻場;藻場;魚類相;アマモ;シロメバル;ハオコゼ;瀬戸内海中央部;魚類;成長;ヒメハゼ
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat