長崎県平戸島におけるアカウニの生殖周期と初成熟

長崎県平戸島におけるアカウニの生殖周期と初成熟

レコードナンバー780219論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名渡邉 庄一
夏苅 豊
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ57巻・ 2号, p.307-313(2009-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (634KB) 
抄録アカウニPseudocentrotus depressusの生殖周期を明らかにするため、2002年5月〜2005年3月にかけて、長崎県平戸市中野地先でアカウニ1,438個体を採集し、生殖巣指数(GI)と生殖巣の各発達段階の経月変化を調査した。GIは、3月から増加し、5〜10月に高い値を示した後、11〜1月にかけ減少した。生殖巣の組織学的観察では、9月以降成熟が進行し、11〜1月の間は成熟卵と精子で満たされていたが、11〜3月にかけては産卵放精後の個体が観察された。したがって、本海域における産卵期は11〜1月と考えられた。本研究におけるアカウニの生物学的最小形は殻径24mm、性成熟年齢は、天然群2歳、放流群1歳であると推定された。
索引語生殖周期;生殖巣;アカウニ;GI;アカウニPseudocentrotus depressus;長崎県平戸市中野地先;生殖巣指数;各発達段階;経月変化;組織学的観察
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat