近年の8月における北日本の低温化とチベット高気圧の弱化との関係

近年の8月における北日本の低温化とチベット高気圧の弱化との関係

レコードナンバー780226論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名永野 良紀
加藤 央之
山川 修治
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ65巻・ 2号, p.129-139(2009-06)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (755KB) 
抄録8月のチベット高気圧の東アジアヘの張り出しの年々変動を解析した。また、チベット高気圧の変動が北日本への天候の影響を統計的に解析した。北日本上空における100 hPa高度場は、1991年以前は正偏差であったが、1992年以降では負偏差が続いており、1991年を境に有意な不連続が認められた。8月のチベット高気圧は、1991年を境に北日本への張り出しが弱まっていることが統計的に確認された。気圧分類型を用いて日本付近における前線の出現日数を調べた結果、1992年以降の平均出現日数が1991年以前の平均出現日数の2.5倍になり、統計的にも有意な差が認められた。また、北海道における気温も1992年以降は負偏差が続いており、有意な不連続が認められた。日本付近における前線出現日数の増加や北海道の気温の低下はチベット高気圧の盛衰と連動していた。代表的な事例の解析も試みたが、チベット高気圧の張り出しが強かった1982年、1990年は北海道でも気温が高く前線出現は少なかった。対照的にチベット高気圧の張り出しが弱かった1993年や2002は北海道では気温が低く、前線も平年より多く出現していた。
索引語チベット高気圧;張り出し;北海道;気温;北日本;前線;解析;変動;負偏差;境
引用文献数35
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat