サトイモ球茎の粘質物蓄積と蓄積腔の発達様相

サトイモ球茎の粘質物蓄積と蓄積腔の発達様相

レコードナンバー780272論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名寺林 敏
池田 和代
伊達 修一
藤目 幸擴
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ8巻・ 3号, p.347-351(2009-07)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (1656KB) 
抄録サトイモ(Colocasia esculenta)品種‘大野芋’の球茎を用い、デンプン粒および粘質物蓄積腔の形態と粘質物生成細胞内の微細構造を観察した。ひとつの細胞から粘質物生成が開始し、順に周囲および隣接する細胞へと粘質物生成が広がった。粘質物生成を終えた細胞は崩壊し大きな破生間隙となり粘質物蓄積腔が形成された。粘質物蓄積腔は常に維管束から一定の距離をおいて、維管束を取り囲むように形成された。粘質物蓄積腔に接した細胞では、デンプン小粒が溶解し複数の小粒が混ざり合って糊状になっているのが観察された。粘質物生成細胞では粘質物蓄積腔側の細胞壁が緩み、その間は繊維状不定形基質で満たされていた。この物質は粘質物生成細胞以外では観察されなかったことから、サトイモ球茎の粘質物と考えられた。粘質物が細胞壁繊維内に蓄えられ、さらに蓄積腔へ放出される機構は明らかにできなかった。
索引語粘質物蓄積腔;細胞;粘質物生成;粘質物;粘質物蓄積と蓄積腔;発達様相;サトイモ球茎;観察;維管束;物
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat