アオキミタマバエによる虫えい形成がヒメアオキの実生更新に及ぼす影響

アオキミタマバエによる虫えい形成がヒメアオキの実生更新に及ぼす影響

レコードナンバー780389論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名山口 良彦
林田 光祐
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ91巻・ 3号, p.159-167(2009-06)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (836KB) 
抄録東北日本海側のコナラ林において、常緑低木ヒメアオキの果実の成熟から実生の定着までの繁殖過程とそれに対する三つの生物間相互作用の影響を調べ、虫えい形成者による散布前捕食の相対的な重要性について評価した。0.25haの調査区内のすべての果実を調べたところ、アオキミタマバエの寄生による虫えい形成果の割合が1998年生で57%、1999年生で77%と高い値を示した。虫えい形成果の種子含有率は1〜2割であり、散布前捕食が種子生産を大きく減少させていた。一方、健全果は渡り途中のヒヨドリによってごく短期間にほぼ完全に消費され、種子が散布された。野ねずみによる種子の摂食は確認されたが、播種した種子の消失率は1割以下であり、散布後の種子捕食圧は強くなかったと推察される。発芽率は8割以上と高く、実生の生存率も低くなかった。以上のことから、本調査地のヒメアオキ個体群では、虫えい形成者による果実への寄生が実生更新の重大な阻害要因であることが示唆される。
索引語実生;虫えい形成者;虫えい形成果;種子;果実;アオキミタマバエ;実生更新;影響;虫えい形成;散布
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat