ピ一マンPMMoV抵抗性品種「京鈴」の半促成2色どり栽培法

ピ一マンPMMoV抵抗性品種「京鈴」の半促成2色どり栽培法

レコードナンバー780455論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036927NACSIS書誌IDAA12412168
著者名小林 伸三
村井 正和
古川 雅文
書誌名千葉県農林総合研究センター研究報告 = Annual research bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名CAFRC Res. Bull.
千葉農林総研研報
発行元千葉県農林総合研究センター
巻号,ページ1号, p.13-19(2009-03)ISSN18835295
全文表示PDFファイル (482KB) 
抄録ピーマンPMMoV抵抗性品種「京鈴」の半促成2色どり栽培において、定植苗の生育ステージ及び主枝の仕立て本数が生育、収量及び収益性に及ぼす影響を検討した。1.定植時の苗を1次分枝が確認できる程度の若苗とすることにより、初期の伸長に優れ、主枝の節数が増加した。2.主枝の仕立て本数を慣行の4本から3本にすることにより、主枝が太くなり栽培期間中の草勢が維持された。3.主枝の仕立て本数を3本とし、さらに若苗を定植することにより、未成熟果と完熟果の上物収量(M級+L級の収量)が増加した。4.主枝3本仕立てと若苗定植の組み合わせでは、4本仕立てに比べて栽植密度が高く、苗代金も高くなるが、その経費増加分は増収効果による収入増で十分補うことができる。
索引語主枝;仕立て本数;若苗;京鈴;収量;増加;ピーマンPMMoV抵抗性品種;半促成2色どり栽培;定植苗;生育ステージ
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat