繁殖農場における2産次の母豚の生存産子数減少の要因

繁殖農場における2産次の母豚の生存産子数減少の要因

レコードナンバー780501論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015317NACSIS書誌IDAA11157349
著者名齋藤 光
纐纈 雄三
書誌名獣医疫学雑誌 = The journal of veterinary epidemiology
発行元獣医疫学会
巻号,ページ13巻・ 1号, p.40-45(2009-07)ISSN13432583
全文表示PDFファイル (374KB) 
抄録本研究の目的は、2産次の母豚の生存産子数(PBA)減少要因の探査とした。本研究では、104農場の2001-2005年に2産まで分娩した51,259頭の母豚の記録を用いた。2産次のPBA減少(D-PBA)は、2産次のPBAが1産次のPBA以下のものとした。分析には混合効果モデルを用いた。51,259頭の母豚のうち、49.5%でD-PBAが見られた。D-PBA発生割合は、1産次のPBAが13頭以上、授乳期間が17-19日、離乳後受胎日数(WCI)が7-12日、受胎季節が夏の時に高かった(P<0.05)。D-PBA発生割合は、1産次のPBAと季節、WCIと季節、WCIと1産次のPBAにおいて交互作用があった(P<0.05)。1産次のPBAが13頭以上の時、D-PBA発生割合は季節による差がなかった。1産次のPBAが13頭未満の時、夏に受胎した母豚は、冬や秋に受胎した母豚よりD-PBA発生割合が高かった(P<0.05)。全ての季節とPBAグループにおいて、WCIが7-12日の母豚はD-PBA発生割合がWCIグループ内で最も高かった(P<0.05)。初受胎日齢はD-PBA発生割合と関連がなく、授乳期間17-19日から≧26日までのD-PBA発生割合の差は0.3-0.5%であった(P<0.05)。結論として、D-PBAは1産次のPBAが多い、WCIが7-12日、受胎が夏である事と関連があった。
索引語PBA;母豚;季節;夏;WCI;D-PBA発生割合;D-PBA;繁殖農場;生存産子数減少;受胎
引用文献数23
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat