N-Thiophenylethyl-2、2-dichloro-1-cyclopropanecarboxamides-カルプロパミドのアミド部位の変換体と殺菌活性

N-Thiophenylethyl-2、2-dichloro-1-cyclopropanecarboxamides-カルプロパミドのアミド部位の変換体と殺菌活性

レコードナンバー780638論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名利部 伸三
清水 麻依子
森 勝
倉橋 良雄
山口 勇
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ34巻・ 3号, p.161-172(2009-08)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (808KB) 
抄録いもち剤カルプロパミドのアミド部位のハロゲン置換チオフェニルエチルアミドヘの変換体に必要なアミンは、ハロゲン置換アセチルチオフェンのPb(OAc)4とBF3OEt2を用いたチオフェニル酢酸への変換、それに続くNaBH4/I2またはBH3Me2Sによるチオフェニルエタノールヘの還元、そのトシル体を経て得られたアジドをトリフェニルホスフィンで還元することによって合成した。アミンは相当する酸クロリドと反応させることにより目的の変換体に導いた。約50種の関連化合物の、キュウリ灰色かび病とべと病、コムギ赤さび病とうどんこ病に対する効果を500ppmのポット試験で調べた。その結果、いくつかの化合物には、これらの病気を治療する効果があり、その中で数種の化合物はべと病の発症を完全に抑えた。
索引語べと病;化合物;変換体と殺菌活性;アミド部位;変換体;アミン;効果;もち剤カルプロパミド;ハロゲン置換チオフェニルエチルアミドヘ;ハロゲン置換アセチルチオフェン
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat