玄米品質に及ぼす登熟中期の寡照、登熟初期の高温及び成熟期の高温乾燥の影響

玄米品質に及ぼす登熟中期の寡照、登熟初期の高温及び成熟期の高温乾燥の影響

レコードナンバー780741論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024696NACSIS書誌IDAA12170681
著者名大嶋 保夫
書誌名神奈川県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kanagawa Agricultural Technology Center
別誌名Bull. Kanagawa. Agri. Tech. Cent.
神奈川農技セ報
発行元神奈川県農業技術センター
巻号,ページ151号, p.39-50(2009-03)ISSN18813305
全文表示PDFファイル (743KB) 
抄録神奈川県において発生した水稲の気象災害の発生状況を調査し、その発生要因を解析した。1991年は当時の主要品種である中生品種‘アキニシキ’に乳白米が多発した。発生程度は出穂期に左右され、8月5半旬の出穂ではリング状乳白米、8月6半旬の出穂ではリング内も不透明な大型乳白米が多かった。日照時間は9月8日以降不足気味であり、特に13〜21日の9日間は1.3時間で、このために乳白米が発生したものと推察された。2002年は、主要品種である早生品種‘キヌヒカリ’に心白米及び乳白米を主とした白未熟粒が多発した。発生程度は出穂期に左右され、8月1半旬に出穂したイネに多かった。8月5〜16日の11日間の日平均気温は29.2℃であり、白未熟粒の発生は出穂期から10日間の日平均気温と相関が高く、28℃以上になると白未熟粒の発生が増加する傾向が認められた。2003年は、早生品種‘キヌヒカリ’に胴割れ米が多発した。胴割れ米の発生は成熟期及び収穫期に左右され、9月29日以前に成熟期を迎えた水稲を10月1日以降に収穫した場合に多発した。9月27〜30日は高温・多照であり、特に9月30日の最低相対湿度は17%と極めて乾燥しており、胴割れ米はその時の異常乾燥・高温により生じたものと推察された。
索引語成熟期;出穂期;高温;多発;乳白米;左右;白未熟粒;胴割れ米;発生;玄米品質
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat