クルマエビにおけるWSSV rVP26およびrVP28を用いた経ロワクチンの持続期間と追加投与効果

クルマエビにおけるWSSV rVP26およびrVP28を用いた経ロワクチンの持続期間と追加投与効果

レコードナンバー780857論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名佐藤 純
西澤 豊彦
吉水 守
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ44巻・ 3号, p.120-127(2009-09)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (558KB) 
抄録WSSV(=PRDV)の組換えタンパク質rVPsを経口投与したクルマエビのWSSV防御効果は、投与45-55日後にピークとなったが、その10日後から減少し、106日後までに消失した。防御効果が残る初回投与75-81日後にrVPsを追加投与したところ、防御の回復が認められた。防御効果が消失した104-108日後に追加投与したところ、投与22日後に再び防御のピークが認められた。なお、初回投与と異なるrVPを追加投与した場合の防御は、同じrVP投与時に比べ明らかに低かった。
索引語防御効果;防御;追加投与;WSSV;クルマエビ;持続期間;ピーク;消失;rVPs;経ロワクチン
引用文献数40
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat