サマーフラウンダー稚魚にみられたレオウイルス様ウイルス感染症

サマーフラウンダー稚魚にみられたレオウイルス様ウイルス感染症

レコードナンバー780862論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名和田 新平
倉田 修
畑井 喜司雄
Noga E.J.
Dykstra M.J.
Burke J.S.
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ44巻・ 3号, p.151-153(2009-09)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (916KB) 
抄録米国で人工種苗生産されたサマーフラウンダーParalichthys dentatusの稚魚に亜急性から慢性の大量死亡が発生した。病魚には、壊死した多核巨細胞(合胞体)が多発する重篤な壊死性肝炎が認められた。透過型電顕下では、これら合胞体の細胞質内に結晶様配列をしたレオウイルス様の粒子がみられたことから、本病はウイルス病であることが示唆された。本報告はサマーフラウンダーでウイルス病が疑われた初の事例である。
索引語合胞体;ウイルス病;サマーフラウンダーParalichthys dentatus;病魚;壊死した多核巨細胞;壊死性肝炎;透過型電顕下;細胞質内;結晶様配列;レオウイルス様
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat