ハヤトウリ果実抽出物のヒト皮膚3次元モデルでのメラニン生成抑制

ハヤトウリ果実抽出物のヒト皮膚3次元モデルでのメラニン生成抑制

レコードナンバー780943論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名岡本 佳乃
野村 明
山中 晶子
丸山 進
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ10巻・ 3号, p.149-154(2009-09)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (499KB) 
抄録エンドセリン-1(ET-1)は強力な血管収縮因子や表皮メラニン細胞の分裂促準因子として知られており、紫外線刺激による色素沈着の原因物質の一つとして知られている。我々は、以前にハヤトウリ(Sechium edule)果実抽出物に紫外線で誘導される表皮角化細胞でのET-1産生を抑制する効果があることを報告した。今回、ハヤトウリ果実抽出物のメラニン生成への影響を検討し、さらに、含まれているポリフェノール量を測定したので報告する。本実験では表皮角化細胞と表皮メラニン細胞から構成されているヒト皮膚三次元モデルを使用し、色素沈着の観察とメラニン定量を行った。ハヤトウリ果実抽出物は黒色化を抑制し、メラニン生成量も抑える効果が観察された。また、ハヤトウリ果実抽出物にはチロシナーゼ酵素活性の阻害は見られなかった。ポリフェノールのHPLC-クーロアレイ法での分析結果から、乾燥物重量1gあたり、ルテオリン6.6μg、フェルラ酸5.6μg、p-クマル酸3.3μg、バニリン酸6.1μg、プロトカテク酸1.5μg、p-ヒドロキシ安息香酸0.8μgが含まれていることが明らかとなった。これらのポリフェノールなどの複合物がメラニン生成抑制作用を示しているのではないかと考えられる。
索引語ハヤトウリ果実抽出物;抑制;ポリフェノール;表皮角化細胞;効果;報告;Sechium edule;色素沈着;ヒト皮膚3次元モデル;メラニン生成抑制
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat