亜臨界水中でのD-ガラクツロン酸およびD-ガラクツロン酸ナトリウムの分解動力学

亜臨界水中でのD-ガラクツロン酸およびD-ガラクツロン酸ナトリウムの分解動力学

レコードナンバー780970論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010553NACSIS書誌IDAA11809133
著者名王 栄春
小林 敬
安達 修二
書誌名Journal of applied glycoscience
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ56巻・ 3号, p.181-184(2009-07)ISSN13447882
全文表示PDFファイル (470KB) 
抄録D-ガラクツロン酸およびD-ガラクツロン酸ナトリウムの160-220℃または160-190℃の亜臨界水中での分解動力学について検討した。D-ガラクツロン酸の分解過程は1次反応速度式で表現できた。速度定数の温度依存性はアレニウス式に従い、活性化エネルギーおよび頻度因子はそれぞれ131kJ/molと4.81×10(12)/sであった。一方、D-ガラクツロン酸ナトリウムはD-ガラクツロン酸よりも分解されやすく、その過程は1次反応速度式に従わなかった。そこで、分解過程にWeibull式を適用し、速度定数と形状係数を算出した。速度定数の温度依存性はアレニウス式で表現でき、活性化エネルギーおよび頻度因子はそれぞれ147kJ/molと1.26×10(15)/sであった。また、D-ガラクツロン酸およびD-ガラクツロン酸ナトリウムの分解に伴う反応液の室温におけるpHについても測定した。
索引語ガラクツロン酸;ガラクツロン酸ナトリウム;亜臨界水中;分解動力学;速度;分解過程;1次反応速度式;表現;温度依存性;アレニウス式
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat