Pseudozyma aphidis I-8株の産生するα-Amylaseの単離精製とその応用

Pseudozyma aphidis I-8株の産生するα-Amylaseの単離精製とその応用

レコードナンバー780973論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010553NACSIS書誌IDAA11809133
著者名廣瀬 悦子
伊澤 菜穂
安立 純奈
森 茂治
間瀬 民生
書誌名Journal of applied glycoscience
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ56巻・ 3号, p.207-214(2009-07)ISSN13447882
全文表示PDFファイル (847KB) 
抄録食虫植物の一種であるウツボカヅラ(Nepenthes bicalarate)の捕虫袋中の消化液から、α-amylaseを産生する酵母を分離した。分離した酵母は形態観察および26S rDNA-D1/D2に続くITS-5.8S rDNAの遺伝子解析からPseudozyma aphidis I-8と同定した。本酵母の培養液から各種クロマトグラフィーにより、α-amylaseをSDS-PAGEで単一バンドを示すまで精製した。収率は12%であり、精製酵素の比活性は1679U/mg、分子質量55kDa、反応最適温度、pHはそれぞれ60℃および5.0であった。また、Ca(2+)による酵素活性の上昇は認められなかった。可溶性デンプンを基質とした場合、分解率約10%でヨード呈色反応が消失し液化型のα-amylaseと推定されたが、分解限度は約70%で糖化型の性質をも示した。基質特異性の解析の結果、本酵素は、maltoseやisomaltose、pullulanには作用せず、一般的なα-amylaseと同様の基質特異性を示したが、maltotrioseにも良く作用した。本酵素を用いた製パン試験では、パンの柔らかさや色調には改善効果が認められなかったが、パネラーによる官能試験においてパンの味に良好な結果が認められた。
索引語産生;amylase;Pseudozyma;aphidis;酵母;パン;基質特異性;結果;本酵素;作用
引用文献数36
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat