洗卵における次亜塩素酸ソーダと次亜塩素酸の卵殻殺菌力の比較検討

洗卵における次亜塩素酸ソーダと次亜塩素酸の卵殻殺菌力の比較検討

レコードナンバー780995論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013955NACSIS書誌IDAN0014151X
著者名横関 正直
書誌名畜産の研究 = Animal-husbandry
別誌名Sustainable livestock production and human welfare
Animal husbandry
Animalhusbandry
発行元養賢堂
巻号,ページ63巻・ 10号, p.1053-1055(2009-10)ISSN00093874
全文表示PDFファイル (180KB) 
抄録Y・GPセンターにおいて、洗卵殺菌に各種濃度の次亜塩素酸水と次亜塩素酸ソーダ水を使用した場合の除菌率(卵殻菌数)を測定し、比較した。次亜塩素酸(次亜塩素酸ソーダを希塩酸でpH7程度に調整したもの)の濃度の高いほど除菌率が高く、80ppmと同40ppmは次亜塩素酸ソーダ200ppmよりも高かった。これらの3区は除菌率99%以上であった。次亜塩素酸20ppmは98%であった。
索引語次亜塩素酸ソーダ;次亜塩素酸;洗卵;卵殻殺菌力;比較検討;除菌率;GPセンター;洗卵殺菌;各種濃度;次亜塩素酸水
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat