グラウンド・カバープランツによる斑点米カメムシ類の発生源管理技術

グラウンド・カバープランツによる斑点米カメムシ類の発生源管理技術

レコードナンバー781105論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20031691NACSIS書誌IDAA12308483
著者名濱崎 貴史
笠島 哲
前田 裕二郎
書誌名石川県農業総合研究センター研究報告
別誌名石川県農業総合研究センター研究年報・研究報告
発行元[石川県農業総合研究センター]
巻号,ページ28号, p.39-43(2009-06)ISSN
全文表示PDFファイル (3410KB) 
抄録・アジュガ、アークトセカ、センチピードグラス、ヒメイワダレソウ、スペアミントの5種は、エノコログサと比較してカメムシの餌及び産卵場所として適さず、野外におけるカメムシ密度も低いことから、水田畦畔におけるカバープランツとして有望であると考えられる。・センチピードグラス及びヒメイワダレソウで被覆した水田畦畔のカメムシ密度は慣行管理の畦畔と比較して極めて低く、カバープランツの被覆によるカメムシ密度の抑制効果が得られたと考えられる。
索引語カバープランツ;カメムシ密度;センチピードグラス;ヒメイワダレソウ;比較;水田畦畔;畦畔;グラウンド;斑点米カメムシ類;発生源管理技術
引用文献数6
登録日2011年05月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat