イネ(Oryza sativa L.)大粒品種「秋田63号」の窒素施肥反応

イネ(Oryza sativa L.)大粒品種「秋田63号」の窒素施肥反応

レコードナンバー781120論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名松波 麻耶
張 文会
国分 牧衛
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ78巻・ 4号, p.497-502(2009-10)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (493KB) 
抄録近年育成された大粒品種秋田63号は、千粒重が大きく、高い収量ポテンシャルを持つことから、大粒品種を活用した新たなイネ多収技術の開発が期待されている。本研究では、秋田63号の収量ポテンシャルを効率的に発揮させるための窒素(N)施肥法の基礎的知見を得るため、異なるN施肥法(前期重点[基肥、分げつ肥、穂肥、実肥:6、2、2、0 kg N/10a]、後期重点[4、0、4、2 kg N/10a]、均等[4、2、2、2 kg N/10a])が秋田63号の生育およびソース・シンクに与える影響を解析した。前期重点施肥法は分げつの発生を促進するが、その多くが無効分げつとなり、穂数増加への顕著な効果は認められなかった。また、前期重点施肥法では出穂期以降、Nが不足するため光合成能が低下した。後期重点施肥法では分げつの発生が緩慢であり、結果として穂数が他の区に比べ減少した。そのため、シンクサイズが最も小さく、収量は最も低い結果となった。均等施肥法は、他の施肥法よりも穂数、籾数が多く、N吸収能、登熟期の光合成能も優れ、最も高い収量となった。したがって、秋田63号の収量ポテンシャルを効率的に発揮させるためには、生育期間を通したN供給が必要であると判断された。
索引語施肥法;分げつ;発生;収量ポテンシャル;大粒品種;Oryza sativa;収量;穂数;発揮;前期重点施肥法
引用文献数16
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat