ブナ(Fagus crenata)近距離母樹間における両親間距離と交配頻度の関係および花粉プールの多様性の差異

ブナ(Fagus crenata)近距離母樹間における両親間距離と交配頻度の関係および花粉プールの多様性の差異

レコードナンバー781172論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名花岡 創
袴田 康子
向井 譲
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ91巻・ 4号, p.239-245(2009-08)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (2452KB) 
抄録近距離に分布するブナの母樹間において、両親間距離と累積交配頻度との関係や花粉プールの対立遺伝子の豊富さ(allelic richness)、有効花粉親数に差異が生じるのかを調査した。本研究では、互いに近接しているがわずかに環境の異なる6個体の母樹を調査対象とした。マイクロサテライト7遺伝子座を用いてそれらの母樹から採取した堅果由来の実生823個体の遺伝子型を決定し、父性解析を行い、花粉散布に関連するパラメータを算出した。父性解析の結果、近距離で交配頻度が高くなる傾向が共通して観測されたが、両親間距離に対する累積交配頻度の上昇傾向は母樹ごとに異なり、4haの調査プロット外からの花粉の移入率は15.7%から33.8%の間で変動した。花粉プールにおける対立遺伝子の豊富さの値は8.524から12.803と全母樹を通して同程度となったが、有効花粉親数(Nep)値は2.941から16.340と大きく変動し、Nep値の低い母樹では不健全堅果の生産される割合が高かった。これらの結果から、花粉散布のパターンや堅果充実率は近距離母樹間である程度一致するものの、母樹の立地環境により変動する可能性が示された。
索引語母樹;両親間距離;花粉プール;変動;ブナ;近距離母樹間;関係;差異;Fagus crenata;交配頻度
引用文献数33
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat