絶滅危惧種ヒナモロコの最適初期餌料系列

絶滅危惧種ヒナモロコの最適初期餌料系列

レコードナンバー781205論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名宮本 良太
勝呂 尚之
高久 宏佑
細谷 和海
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ57巻・ 3号, p.455-461(2009-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (446KB) 
抄録絶滅危惧種であるヒナモロコAphyocypris chinensisの保存技術開発のため、最適な初期餌料系列の検討試験を行なった。親魚に産卵誘発ホルモンを投与して自然産卵させ、得られた仔魚を1水槽50尾ずつ収容して30日間飼育した。餌料は、S型ワムシ、アルテミアのノープリウス幼生、仔稚魚用配合飼料を組み合わせ、4つの試験区を設定した。I区にはワムシ、アルテミア、配合飼料、II区にはワムシ、配合飼料、III区にはアルテミア、配合飼料、IV区には配合飼料のみを給餌した。試験終了後に生残と成長を比較検討したところ、配合飼料単独では初期飼育が困難であり、生物餌料の給餌が必要であることが明らかとなった。しかし、ワムシの給餌は必須ではなく、アルテミアと配合飼料の給餌で育成可能なことが示された。
索引語配合飼料;ワムシ;アルテミア;ヒナモロコAphyocypris chinensis;必須;絶滅危惧種ヒナモロコ;最適初期餌料系列;給餌;餌料;I区
引用文献数28
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat