イヌガヤ未熟果実エキスのグラム陽性菌に対する抗菌性

イヌガヤ未熟果実エキスのグラム陽性菌に対する抗菌性

レコードナンバー781409論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名渡辺 健太郎
深尾 正
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ56巻・ 10号, p.533-540(2009-10)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (605KB) 
抄録食経験のある101種類の植物から105種類のエキスを得た。これらについて、食品変敗菌を供試菌として抗菌性の有無をスクリーニングした。数種のエキスに耐熱性芽胞菌や酵母に対する抗菌性(MIC<300μg/ml)が認められた。このなかで、イヌガヤの未熟果実エキスは固体培地・液体培地問わず抗菌性が認められ、また試験に供したグラム陽性菌すべてに対して強い抗菌性(寒天培地を用いたときのMICが25μg/ml〜200μg/ml、液体培地を用いたときのMICが2μg/ml〜40μg/ml)を発揮することが見出された。培地のpHを酸性もしくはアルカリ性にシフトすることで、さらに強い抗菌性が発揮されることも示唆された。
索引語抗菌性;エキス;MIC;液体培地;発揮;これら;供試菌;培地;イヌガヤ未熟果実エキス;グラム陽性菌
引用文献数29
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat