協議会組織の育成による地域営農システムの確立

協議会組織の育成による地域営農システムの確立

レコードナンバー781561論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名阿部 秀幸
五十嵐 美由紀
白石 智行
赤池 利恵
辻 恭子
齊藤 義崇
富岡 康裕
及川 弘
菅原 敏治
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ76巻・ 2号, p.226-231(2009-04)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (643KB) 
抄録岩見沢市北村中小屋地域は農家戸数34戸で、水田と転作畑作物中心の複合経営を展開している。普及センターは、地域リーダーや関係機関に対し、将来の農業について話し合う場である「地域協議会」設立を平成17年に働きかけ、地域の核となる農業生産法人の設立を支援した。この地域には、平成18年暮れに10棟の大型越冬ハウスが建ち並び、いちごの高設栽培が行われている。この施設は平成18年8月に設立された農業生産法人「株式会社センターハウス」の所有で、今まで水稲が基幹であった地域の景観が大きく変わった。本稿では空知農業改良普及センター本所調整係が、平成17年から重点普及課題「協議会組織の育成による地域営農システムの確立」として、取り組んできた経過について報告する。
索引語地域;設立;協議会組織;育成;地域営農システム;確立;農業生産法人;将来;10棟;大型越冬ハウス
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat