米価下落局面における庄内農業の構造変動と再編に向けての課題

米価下落局面における庄内農業の構造変動と再編に向けての課題

レコードナンバー781582論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
論文副題山形県鶴岡市の事例より
著者名西川 邦夫
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ109号, p.46-61(2009-09)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (1724KB) 
抄録これまで農地流動化の停滞が指摘されてきた庄内地域においても、賃貸借による農地流動化と一部の経営への農地の集積が進展してきている。本稿では、庄内農業の構造変動について、昭和一桁世代の引退と米価の下落、転作の拡大という3つの要因から検討した。また、農協が主導する共同乾燥施設と農家との関係の分析から、構造変動が進展する中で共乾施設の利用を軸とし、農協利用の有無によって担い手が分断される地域農業組織化から、より柔軟な組織化のあり方への移行が求められることも指摘した。
索引語構造変動;庄内農業;指摘;進展;農地流動化;組織化;米価下落局面;再編;課題;山形県鶴岡市
引用文献数14
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat