炭素及び窒素安定同位体比を用いた養殖魚と天然魚の判別法の検討

炭素及び窒素安定同位体比を用いた養殖魚と天然魚の判別法の検討

レコードナンバー781620論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033748NACSIS書誌IDAA12300175
著者名高嶋 康晴
井口 潤
浪越 充司
中村 哲
名塚 英一
神谷 光行
書誌名農林水産消費安全技術センター食品関係等調査研究報告
発行元農林水産消費安全技術センター
巻号,ページ32号, p.37-42(2008-12)ISSN18837824
全文表示PDFファイル (562KB) 
抄録マダイ(Pagrus major)の養殖のものか天然のものかを判別するために、安定同位体分析による判別法の検討を行った。マダイ筋肉を凍結乾燥後脱脂し、安定同位体比質量分析計により炭素安定同位体比及び窒素安定同位対比を測定した。養殖マダイ群と天然マダイ群間で、炭素安定同位体比は有意水準1%で有意な差がみられたが、窒素安定同位体比は有意水準5%においても有意な差はみられなかった。炭素安定同位体比の両集団間の分布にはオーバーラップする部分が多かった。そのため、炭素及び窒素安定同位体比分析により、養殖マダイと天然マダイを判別するのは困難であることが明らかとなった。
索引語炭素;炭素安定同位体比;窒素安定同位体比;判別法;検討;判別;差;Pagrus major;養殖魚;天然魚
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat