飼料作物奨励品種選定試験

飼料作物奨励品種選定試験

レコードナンバー781632論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024940NACSIS書誌IDAA1217406X
論文副題飼料用稲(平成19年度)
著者名佐藤 寛子
植村 鉄矢
書誌名秋田県農林水産技術センター畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Akita Prefectural Livestock Experiment Station
別誌名Bull. Akita Pref. Livest. Exp. Stn.
秋田畜試研報
発行元秋田県農林水産技術センター畜産試験場
巻号,ページ23号, p.69-72(2009-03)ISSN18826466
全文表示PDFファイル (178KB) 
抄録飼料用稲について本県の環境に適応した能力の高い品種を秋田県飼料用稲奨励品種として選定するため、現行の奨励品種である「ふくひびき」及び「夢あおば」を含む4品種について、生育、収量、発酵品質および栄養成分について調査した。出穂日は「奥羽飼395号(べこごのみ)」が最も早く、「奥羽飼396号」、「夢あおば」、「ふくひびき」の順であった。乾物収量は「夢あおば」が最も多く、次いで「ふくひびき」が多く、TDN収量も同様であった。以上の結果から現行の奨励品種である「ふくひびき」及び「夢あおば」を上回る品種はなかったが、「奥羽飼395号」は出穂時期が早く、収穫期間の拡大が期待される。
索引語ふくひびき;夢あおば;奨励品種;品種;飼料用稲;現行;多く;秋田県飼料用稲奨励品種;発酵品質;栄養成分
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat