体細胞クローン新生子牛の蘇生方法に関する検討

体細胞クローン新生子牛の蘇生方法に関する検討

レコードナンバー781633論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017747NACSIS書誌IDAA1140179X
著者名大橋 愛美
田中 孝一
常川 久三
源野 朗
北 満夫
書誌名石川県畜産総合センター研究報告 = Bulletin of the Ishikawa Pref Livestock Research Center
別誌名Bulletin of the Ishikawa Prefectural. Livestock Research Center
Bull. Ishikawa List. Rese. Center
石川畜総セ研報
発行元石川県畜産総合センター
巻号,ページ40号, p.1-4(2008-06)ISSN1347913X
全文表示PDFファイル (298KB) 
抄録体細胞クローン牛の出生後の生存率を高めるために、ヒト新生児の蘇生方法の一部をウシ新生子の蘇生に応用することについて検討を行った。その結果、酸素飽和度や終末呼気炭酸ガス濃度、血圧、体温、心拍数、呼吸数をモニタリングし、産子の状態を把握するとともに気管内挿管や人工呼吸、薬剤投与等の適切な処置を行うことで、出生後の生存率を高めることができた。
索引語蘇生方法;検討;生存率;酸素飽和度;終末呼気炭酸ガス濃度;呼吸数;産子;気管内挿管;人工呼吸;薬剤投与等
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat