犬の下痢症に対するベルベリン配合止瀉剤ならびに生菌配合整腸剤の治療効果

犬の下痢症に対するベルベリン配合止瀉剤ならびに生菌配合整腸剤の治療効果

レコードナンバー781666論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名松鵜 彩
島田 洋二郎
奥田 英令
保志 昌子
中村 遊香
日笠 喜朗
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ62巻・ 10号, p.789-795(2009-10)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (434KB) 
抄録犬の急性下痢症に対して、ベルベリン配合動物用整腸消化剤(BB剤)および生菌配合動物用止瀉剤(DB剤)を単剤投与あるいは併用投与し、対照である人用止瀉剤(Ph剤)およびプラセボ剤(P剤)とその治療効果を比較した。試験に供した犬126頭を、BB群、DB群、BB+DB群、Ph群およびP群の5群に分け、各製剤を投与した。その結果、BB剤およびDB剤の単独投与は、下痢に対する治療効果を有することが明らかになった。また、BB剤およびDB剤を併用により治癒までの日数が短縮し、その治療効果も増強することが明らかになった。
索引語治療効果;BB剤;DB剤;犬;急性下痢症;ベルベリン配合動物用整腸消化剤;生菌配合動物用止瀉剤;単剤投与;併用投与;人用止瀉剤
引用文献数7
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat