繊維材料と金物とを併用した住宅耐震補強技術の開発(1)

繊維材料と金物とを併用した住宅耐震補強技術の開発(1)

レコードナンバー781678論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
著者名柳川 靖夫
林 知行
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ38号, p.1-15(2009-03)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (1054KB) 
抄録地震時に大きな引き抜き力が発生すると考えられる、高倍率の壁が取り付く在来軸組工法の隅柱を想定し、土台と柱との接合部に引き寄せ金物(HD金物)を使用するのみならず、ポリビニルアルコール(PVA)繊維から作製した繊維強化プラネチック(FRP)を接着して補強する技術の開発を試みた。FRPは、2液型のエポキシ樹脂接着剤もしくは1液型ポリウレタン接着剤を使用することにより、木ネジの打ち込みやクランプによる手締めといった簡易な手法で接合部に接着することが可能であり、しかも高い接着耐久性を備えていることが分かった。接合部の引張試験の結果、HD金物とFRPとを適切に併用することにより、HD金物を1個使用した試験体では最大耐力および初期剛性の向上が、2個使用した試験体では初期剛性の向上が認められた。また、FRP補強によりいずれの条件でも柱と土台間の変位は減少し、最大荷重時の同変位は無補強の7〜24%の値を示した。さらに、補強によりHD金物の負担が減少したことから、FRPの併用は、地震時における柱の引き抜け対策および接合部の信頼性向上対策として、有効な補強方法であることが示唆された。また、接合部の引張試験において、HD金物およびFRPそれぞれが負担する荷重を調べたところ、FRPが負担する割合は荷重値によらず全荷重の20〜30%の値を示し、HD金物とFRPとが一体となって引張荷重を負担していることが示唆された。
索引語FRP;HD金物;柱;接合部;負担;併用;補強;開発;接着;使用
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat