竹材の耐朽性評価と過熱蒸気処理による耐朽性付与

竹材の耐朽性評価と過熱蒸気処理による耐朽性付与

レコードナンバー781683論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
著者名伊藤 貴文
増田 勝則
酒井 温子
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ38号, p.53-56(2009-03)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (197KB) 
抄録モウソウチクに対して220〜240℃で2〜8時間の過熱蒸気処理を実施し、その耐朽性評価を、オオウズラタケ、カワラタケを用いた抗菌操作により実施した。モウソウチクは木材に比べて熱変成を受けやすく、過熱蒸気処理により高い重量減少率が得られると共に、耐朽性の発現も容易であり、本研究において設定した中で、最も軽度な「220℃で2時間」という処理条件でも、JIS K 1571に定められた木材保存剤の性能基準値を満たした。
索引語過熱蒸気処理;耐朽性評価;モウソウチク;実施;竹材;耐朽性付与;木材;耐朽性;オオウズラタケ;カワラタケ
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat