大和川東部流域における竹林の拡大実態とバイオマス資源としての可能性調査

大和川東部流域における竹林の拡大実態とバイオマス資源としての可能性調査

レコードナンバー781685論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
著者名宮崎 祐子
和口 美明
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ38号, p.61-63(2009-03)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (163KB) 
抄録大和川東部地域3市(旧奈良市、天理市、桜井市)について、竹林の拡大実態調査を行った。調査にはオルソ化されたデジタル空中写真と1979年(現状把握に用いた写真撮影年の約20年前)の森林簿を用いた。その結果、大和川東部流域3市における竹林面積は過去約20年間で平均して約2.3倍に拡大していた。本数間伐率と稈(かん;地上部を指す)の再生量の関係を見るため、35%の間伐を行ったプロットでは、翌年には間伐前の密度の93%まで再生し、1年間の稈の炭素固定量は、40年生スギ樹幹の年間平均炭素固定量を上回ることが分かった。また、大和川東部流域3市の竹林面積の10%が持続的に利用可能であると仮定すると、年間5159.9tの竹をバイオマス資源として供給することが可能であると試算された。
索引語竹林;バイオマス資源;竹林面積;稈;オルソ化;デジタル空中写真;現状把握;写真撮影年;森林簿;大和川東部流域
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat