分析手法の違いによるCOD(Chemical Oxygen Demand;化学的酸素要求量)分析値の差異

分析手法の違いによるCOD(Chemical Oxygen Demand;化学的酸素要求量)分析値の差異

レコードナンバー781706論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012373NACSIS書誌IDAN10412839
著者名梅田 智樹
清本 容子
久野 勝利
田中 勝久
書誌名佐賀県有明水産振興センター研究報告 = Bulletin of Saga Prefectural Ariake Fisheries Research and Development Center
別誌名Bull. Saga Prefect. Ariake Fish. Res. Dev. Cent.
佐有水試研報
発行元佐賀県有明水産振興センター
巻号,ページ23号, p.25-30(2007-07)ISSN09191143
全文表示PDFファイル (616KB) 
抄録有明湾奥部の西部海域で採取した海水試料を、水質汚濁に係る環境基準(環境省告示1971)に基づいたアルカリ性法(告示法)および水質汚濁調査指針に基づいたアルカリ性法(指針法)の二通りのCOD分析方法で分析を行った。その結果、告示法によるCOD分析値(CODEQS)が指針法によるCOD値(CODGL)より0.61±0.33mg/L(Mean±S.D.)高くなることを確認した。また、Mg(2+)がCODEQSとCODGLの差を引き起こす原因として特定され、Mg(2+)濃度が24.26mmol/L(塩分16に相当)を超えるとCODEQSはMg(2+)の影響を受け始めるとことが明らかとなった。CODEQSとCODGLを統合するため、塩分が16を超える試料の分析値を用い、重回帰分析により換算式を作成した。CODGLを目的変数とし、CODEQSと塩分を説明変数として得られた重回帰式は、換算式として十分に信頼できると考えられた。
索引語CODEQS;CODGL;Mg(2+);分析値;塩分;アルカリ性法;告示法;指針法;換算式;Mean±S.D.
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat