再使用酸処理液のアカグサレ菌に及ぼす影響と再利用

再使用酸処理液のアカグサレ菌に及ぼす影響と再利用

レコードナンバー781715論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012373NACSIS書誌IDAN10412839
著者名秋月 晃
久野 勝利
吉田 幸史
川村 嘉応
田端 正明
書誌名佐賀県有明水産振興センター研究報告 = Bulletin of Saga Prefectural Ariake Fisheries Research and Development Center
別誌名Bull. Saga Prefect. Ariake Fish. Res. Dev. Cent.
佐有水試研報
発行元佐賀県有明水産振興センター
巻号,ページ24号, p.49-55(2009-09)ISSN09191143
全文表示PDFファイル (530KB) 
抄録再使用酸処理液のアカグサレ菌に対する致死効果やpH、汚れ(濁り)の指標となる吸光度の変化を調べ、再利用について検討した。その結果、再使用酸処理液はpHを下げれば、汚れ(濁り)ていても、アカグサレ菌を効率よく死滅させるとの結果が得られた。養殖場において再使用酸処理液を再利用するにあたっては、船倉などに一晩入れて保管し、使用直前にNaClや新しい酸処理剤を添加してpHを下げ調整すれば環境負荷を与えない再利用が可能になると考えられた。一方、使用済み酸処理液の陸上における処分方法については、浄水処理に一般的に使用されているPACを用いると良い結果が得られることが示唆された。
索引語再利用;再使用酸処理液;アカグサレ菌;汚れ;影響;使用;酸処理;結果;致死効果;指標
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat